歯と歯茎について思うこと

虫歯になる奴とならない奴がいますよね。
ぼくはなりにくいスタイルだ。
うっかり歯磨きをせずに寝てしまったあしたもとりわけ歯に作用はありません。
虫歯が痛くて歯先生様に言う思い出なんていうのもありません。
人によっては虫歯で頻繁に歯先生様に伺う奴や、歯磨きをわすれるとすぐに虫歯になるという奴もいます。
これは歯の強さで違うのだろうなと思います。
しかし、歯が強いと逆に軽くのぼるところがあります。
歯茎だ。
ぼくは歯は激しいのですが、その反面歯茎はすぐに腫れたり、血液が出たり行なう。
これは歯が硬いために歯茎周りに残る不浄で歯や歯茎に影響が出ていても歯の痛みがないので歯茎の異常に気づくのが遅れてしまっているのだと思います。
歯を白くする方法

いざ、歯が激しいスタイルの奴に聞くとだいたい歯茎がしょうもないという気がかりをもたれてある奴がほとんどです。
きついな、胡散臭いなと思った時折とうに歯茎は過密。
歯磨きをしただけで血液が出てしまうといった演説をとことん聞きます。
こういったように歯も歯茎も大事にしていないと口腔1つの清掃状況はかわいく保てません。
どちらの対処も大事だと思います。

Comments are closed.